スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製菓道具を断捨離

本日の断捨離はこちらです。

製菓道具のオンパレード。私は半年前までお菓子作りが趣味だったので、本当に色んなものを持っています。可愛いモノを見ると飛びついてしまって、買ってからどういうレシピのお菓子にしようかな?と考えていました。逆ですよね。こういうお菓子を作りたいから、これを買う、が正しいはず。

【捨て】№229
IKEAのカタログを見ていて欲しくなって買いに走った、焼き型です。うちのオーブンには余裕で入りましたが、同じものを購入した友人の家のオーブン(普通にお菓子をよく焼いているご家庭です)には何故か入らなかったそうです。買う時にはオーブンサイズも要注意ですね。オーブンに入っても、まあ、なんとも使い勝手が悪い。この隙間も無駄な気がしてしまうし、2度使用して以来まったく使用していません。
№229
裏面はこちら。可愛い、赤くて本当に可愛い!でも、使わないんですよねー。
№229-1

【捨て】№230
焼きドーナツの型ですが処分します。流行った時に購入しました。結論、焼きドーナツより、揚げドーナツが美味しい。そもそも、お店のドーナツを食べた方が美味しい。
№230

【捨て】№231
知人が何かの時にプレゼントしてくれたシリコン型です。申し訳ないのですが、一回も使用していません。シリコン型って良いようで悪いような。小さい子や若い子がバレンタインでチョコレートを溶かし固めるレシピなどには良さそうですね。知人とも疎遠なので思い切って処分します。プレゼントしてくれてありがとう。
№231

【捨て】№232
自分で購入したシリコン型です。これは何度も使用しました。ココアパウダーを混ぜたチョコレート生地の焼き菓子を焼くととても見た目ゴージャスなお菓子が焼けます。多分、今後は使用することがなさそうなので処分することにします。
№232

【捨て】№233
紙のケーキ焼き型と、金属のスケッパーを処分します。プラスチックのドレッジ(スケッパーと同じ役割)ばかり使用しているので、こちらは処分します。
№233
最近母がとあるパティシエにお菓子を習いに行き始めたので、製菓道具をそのまま渡してもいいのですが、そのパティシエさんは道具の代替が好きらしいので、母も代替して作っていると思います。スケッパーなんて包丁でもいいですしね。私も、転勤したらたまに母と母の友人と習いに行きたいです。いつも母と母の友人たち2,3人に対してパティシエ&助手の2人で教えてくれるそうです。元は都内の製菓学校の先生とのことなので、かなり贅沢ですね。

【捨て】№234
重複しているクッキー型(左二つ)と、可愛くないカタチのハート型を処分します。
№234

製菓道具は中々減らせませんでしたが、私が作るお菓子はクッキー、パウンドケーキ、ロールケーキ、スポンジケーキ、デコレーションなので、それらに使用するもの以外は処分となりました。あとは、必要に合わせて100均で紙やアルミの使い捨て型を購入しようと思います。マドレーヌとか。昔、シリコン型のシェル型マドレーヌ焼き型なども持っていましたが、全然使い勝手が良くなかったです。今回もシリコン型を大幅に断捨離したので、手持ちのシリコン製品はレンジで使うスチーマー容器と、お弁当箱と、菜箸のみになりました。シリコン菜箸にしてから劣化しないのでずーっとその一本で済んでいます。お菓子の型は微妙でしたが、普段キッチンで使うシリコン製品は使い勝手が良いです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。