スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣類は消耗品

お洒落な人はこだわるのかもしれませんが、衣類は消耗品であると考える私のワードローブは80%以上がUNIQLOとGUとフェリシモで形成されています。ちなみに、生活雑貨はほぼ無印良品とIKEAです。

堅い会社の集まるビルで仕事をしているので、オフィスカジュアルといわれるキチンとした服を着ます。同僚には規定外のラフな服装の人もたくさん居ますが、私は入社時に説明された規定を忠実に守り会社に着ていく服を厳選した結果、ボトムは冬がUNIQLOタイトスカート、夏がUNIQLOパンツ4本で、トップスは年間を通じてフェリシモと落ち着きました。

昨夏くらいから売り出されているUNIQLOのタイトスカートは薄手厚手含めてもう8着所有しています。無地4着、ボーダー4着。私は学生時代から元々タイトスカートが好きで、中々売っていないと諦めていましたが、昨年から流行りだして歓喜しました。特にビザが隠れる丈が大好きなのでお陰さまでようやく手に入りました。流行りに関係なくしばらく着用します。

一番新しいタイトスカートはセール品です。

GUで500円くらい。

ちょっと畳んでいたためシワがついていますが太めボーダー。

UNIQLOで600円台だったような。
どちらも丈が60センチくらいあるので大柄な私には丁度良いです。

プライベートでは、夏はパンツのオールインワン2着、デニムパンツをheavy rotation …。

もっと厳選できるはずなのに、まだまだ修行が足りません。

少し前に、お出掛け用としてミニバッグを購入しました。フェリシモなのでノーブランドみたいなものです。

自転車の取っ手にも掛けるので、安くてOK。2シーズン持てば大満足。

こちらもフェリシモで、夏の通勤用です。

実は、去年の夏に見つけて迷っているうちに秋になり、今春のsaleで再び見つけて即買いしました。通勤バッグはすぐに元がとれますね。

ワードローブはすべて、元をとれるか?が基準で値段は関係ないと、先日紹介したスタイリストさんの本にありました。例えばHERMESの10数万円のsweaterだって、着倒せば元を取れるわけですね。私は買えませんが、、、

そういえば、今年始めに購入したピンクの財布がボロボロになってきました。クロエの真似みたいなD社の財布。素材も大人の財布ではありませんでした。アナスイは7年くらい使っても綺麗で、妹に譲ったのですが、やっぱりレザーが良いですね。来週、イルビゾンテの財布を購入する予定です。仮に3年くらい使うとしたら、やっぱり元を余裕で取れますしね。買い物はコスパやrotationできるかよく考えて慎重にならなければ!未だに何かを捨てるとき、己の失敗を悔やみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。