スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見苦しいものを客観視

我が家は畳あり物件なので敷き布団を敷いて寝ています。布団は夫の実家のお古、私の実家から持参したもの、結婚後に友人を泊めるために購入したもの、とあります。


この中に客用布団があります。

たまに通気するくらいでほぼ放置。

畳み方が雑でお見苦しくて申し訳ないです。

こちらは普段使っている布団。打ち直しするつもりでしたがやめました。
ああ、所帯染みていて嫌!まったく理想とかけ離れています。コンパクトで質素な美しい暮らしがしたい…。

普段、朝が早いので布団を押し入れにしまうなんてできない、湿気をとる必要もある、ベランダに布団が干せない、と色々不都合があるので布団が嫌なのです。

布団の内訳は、敷き布団が4枚、羽毛掛け布団3枚、毛布2枚、タオルケット2枚、シーツ8枚のはずですが、夫の実家が近くなり泊まりに来ないで済むので捨ててしまおうかと!お古とはいえ、姑が怒りそうでちょっと不安。姑も布団を減らしたくてうちに譲ったのはわかるのですが…怒られませんように。

客用布団を処分したら、最近出したままになっているスーツケースを押し入れへ収納したいです。

開かない窓辺ですが、ごちゃごちゃして不運満載。しまうスペースなし。捨てられないスーツケース。誕生日までに綺麗にしたいです。

綺麗に撮ろうとせず、ありのままを写真に撮って客観視すると恐ろしいくらいにモノが見えてきますね。本日は恥を忍んでアップしています。家も自分自身も、できれば見ないふりをしたい嫌なポイントを今年は一つずつ綺麗にして清々しい家、自分を目指したいです。


おまけ。

フェリシモのカタログに我が家の椅子と同じモデルが載っていました。やはり最寄り駅の雑貨屋で見たのと同じ価格。うちのは楽天で購入したので半額でした。ただ、カバーが作れるようなので、カバーに関しては魅力的です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。