スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100回泣くこと

何故か、捨てられない本↓
本
番宣で思い出した中村航著『100回泣くこと』の文庫本。次の写真の箱の中にあるので掘り出して読みました。解説を大好きな島本理生さんが書いていたので購入したのですが、何度か読んでいても大まかなあらすじしか思い出せない不思議な本なのです。私だけでしょうけれど、読むと毎回吸い込まれるように読むくせに、しばらく経つと詳細が一向に思い出せないんです。だから処分しない本。不思議な魅力があります。
映画を見たら、内容を忘れないでしょうか。大倉くんも素敵ですが、私は斗真くんが合っていると思うんですけど……でも、そうすると何でもかんでも斗真くんになってしまいますかね?このジャンルの邦画は。吉高さんとの「僕らがいた」とかガッキーとの「ハナミズキ」とかのジャンル。

バンカーズボックス↓
バンカー
悩みの種です。もう、8年くらいこのバンカーボックスを使っています。これはアスクルで大量買いしたものの残りです。段ボールなので徐々に崩壊し、処分してきた結果8箱のみになりました。引っ越しの度にボロボロになります。今回の引っ越し後は処分しようと思います。8箱のうち、4箱が本。あとは思い出系、雑貨系、ノート系。できることならば、引っ越し前にこの中身もなんとか処分して半分くらいに減らしたいです。本は古本屋に売ったり、捨てたり、何度も断捨離していますが、まだまだあります。6割が小説、3割が旅行のガイドブックと現地語の本です。あとの1割はその他のジャンル。本を読まない日はないくらい本好きなので本の扱いには悩みます。今のところ、本棚は持っていません。転居先が3LDKなら、PC用のデスクは置かなくても書棚は買いたいです。

【捨て】№31
№31
姑からもらったざる蕎麦&うどん用のトレイを処分します。

【捨て】№32
№32
学生時代に購入し、何故か捨てていなかった英単語の本を今更ですが処分します。この本の中の単語、夫はすべて意味を言えます。常識、と言われましたが私は意味がわからない単語でいっぱいです。コンプレックスから捨てられなかったんだと思います。別に、意味がわからない単語があったって良いじゃない、私は受験生でもないその辺の主婦なんだし、という考えに切り替えて旅行で使える英語の本以外処分しようと思います。

暑いと片付ける気力もなくなりますが、ぼちぼち頑張っていきたいと思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。