FC2ブログ

捨てられない母に



私の、大切な愛読書を実家で暮らす母へ送ることにしました。片付けと捨て作業が苦手な母。
こんまりさんの最初の本はもうカバーも捨ててしまい、ボロボロになっています。その本だけには蛍光ペンと付箋でチェックを入れ、わかりやすくペンで図の書き込みもしました。左の本は元々母が購入した本です。しかし、その存在すら忘れていたようで、おそらく読んでません。素晴らしい本なので、読んでもらいます!紙袋に入れて明日送ります。
スポンサーサイト