スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は所持品リスト『鞄』の回です。

私は、幼少期から鞄が大好きで、どこに行くのも鞄を持つような子供でした。特に、籐のバスケットには目がありません!アルバムを見ると、バスケットからぬいぐるみの顔をぴょこんと飛び出させて持ち歩いている写真がいっぱいあります。大人になった今は籐製は一つだけですが……。

あれほど断捨離をしたというのに、まだこんなにバッグがあります。断捨離する前はもっともっとありました。ちなみに夫は、仕事用の大きなトートバッグ一つ、出張用のブリーフケース一つ、PC用の鞄一つ、遊び用のボディバッグ一つ、出張用スーツケース小・大のみです。

鞄1

左から、リモワのサルサ35L、ミレーのバックパック、籐のトランクです。リモワは国内旅行でも海外旅行でも使います。荷物が多い時は夫の出張用スーツケース(大)を借ります。バックパックは足元の悪い国へ行く時に使用します。道が浸水、雨や泥でドロドロとか、石でガタガタとか。
2013_1206_122150-UNI_0023.jpg 2013_1206_122139-UNI_0022.jpg
一番お気に入りの籐のトランクは、皇室御用達のお店でセミオーダーしたものです。なんと、中の布地がキキララ。持ち込んだ布で作ってくれます。白いトランクもあって可愛かったのですが、冬も違和感ないように黒いトランクにしました。子供の頃から、ずっとずっとキキララ大好きです。

鞄2
2013_1206_122817-UNI_0027.jpg
どちらも母が使っていたものです。左は20年物くらいの革の鞄です。仕事関係で使用します。つい最近、誉められた鞄。右は10年前くらいのヴィトンです。主に習い事用です。母も習い事用に使用していました。私も、もらってからは楽譜を入れたり、英語のテキストを入れたりして使用していました。今は習い事をしていないのでほとんど使用していません。

鞄3
2013_1206_123043-UNI_0028.jpg
左上はPC用の鞄、右上は「ちょっとそこまで」のミニトートバッグ、下の二つはムックのキャンバストートです。キャンバストートはズッカとフレッドペリーでシンプルながらムックにしては大変お洒落だと思います。ほぼエコバッグ。

鞄4
2013_1206_123319-UNI_0031.jpg
左は夫が院生の頃に買ってくれたアンドエーのレザーバッグです。もうボロボロなのに、貰った時の嬉しい思い出が蘇り今のところ処分できません。今は「ちょっとそこまで」に使用したりします。右は遊びや旅行に使うデイバッグです。

鞄5
2013_1206_123235-UNI_0030.jpg
左から秋冬用のパーティーバッグ、スマポ、ミニバッグです。スマポはスマホとお金とICカードとカギが収納できるコンパクトなバッグでフェリシモで購入しました。

鞄6
2013_1206_122614-UNI_0026.jpg
左上は折り畳みボストンバッグ、左下は先日購入したパスポートバッグ、中央はカオサンで購入したアジア用街歩きバッグです。右は災害時用のグッズを備えるリュックです。

鞄7
2013_1206_123127-UNI_0029.jpg
左はソウルで友人とイロチ買いしたポシェットです。収納が抜群に良くてヘビロテです。右は免税店でクリスマスプレゼントとして買ってもらったマークのバッグです。すごく大切にしているので扱いも細心の注意を払って「お出かけ」にしか使用しません。これは、結婚してから一番嬉しいクリスマスプレゼントでした。今年のクリスマスは漫画本全巻をお願いしています。

こんな感じで、たくさんの鞄を所有しています。特に高価なバッグはありませんが今のところすべて大切なモノです。しかし、地味です。ミレーのバックパックとカオサンのバッグ以外、ほぼモノトーンです。ベーシックが一番ということでしょうか。

母の作ったバッグやトートバッグが他にもあるのですが、それらはストール入れにしたり、ヘアアイロンを収納したりしているので鞄としてはカウントしないことにします。

次に欲しい鞄はメンズのコーチが出している旅行鞄です。夫婦で使えるように。コーチは、モノグラムでないものだと結構センスが良くて好みです。夫がアメリカ出張でもあったらラッキーなのですが当分北米はなさそうです。アジア圏だとお土産はあまり期待できません。旅行用のボストンバッグは早急に必要なわけでもないので、機会があったら購入したいと思います。

新しく決まった仕事のことは契約上の守秘義務があるため今後一切書けませんが、大丈夫そうです。一緒に新しく働く方と意気投合したので心強いです。何しろ家もご近所で、夫婦のことなどの境遇がかなり似通っていました。しかも、数年前に私の今住んでいるこの家に住もうかと検討したことがあるそう!残念ながら、検討中に他の方が借りてしまったのだとおっしゃってました。すごい偶然です。私が住んでいる家は人気物件であまり空きが出ないようです。確かに住みやすくて面白い物件なので、借上げ社宅として住んでいる分には最高です。やっぱり、どんな土地に住んでも、どんな職種に就いても、自分の心がけ次第(割と気さくな性格)でどんどん良い人に出会えます。もちろん、嫌な人にも出会いますが、すべての人の良い部分を見るようにして前向きに楽しく過ごしたいです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。